我が家の小学生が「読売KODOMO新聞」を購読しているわけ。子供新聞は魅力がいっぱい!

我が家の小学生が「読売KODOMO新聞」を購読しているわけ。子供新聞は魅力がいっぱい!

Sponsered Link
Sponsered Link

先日ニュースでやっていましたが、日本の子供の読解力が低下しているそうですね。 

経済協力開発機構(OECD)2015年に実施した「国際学習到達度調査(PISA)」の結果によると

日本の読解力は8位だったそうです。前回4位から順位を下げたそうです。 

子供が小学生になってから、我が家でも子供の読解力については気にかけています。 

読解力って、なんの勉強をするにも基本ですから。

算数だって、問題の意味が分からないと解けないですし。

社会だって理科だって、教科書に書いてあることが分からないと始まりません。 

我が家では子供の読解力をつけさせる取組の一つとして「読売KODOMO新聞」を購読しています。

Sponsered Link

時事ネタに触れられることが一番のお勧めポイント

 新聞の良いところは、「時事ネタ」が書いてあるところ。

そこが本とは違う点だと思います。 

本だと自分の興味がある分野に偏りがちですが、新聞は、今、社会で注目されていることが書かれていますので

自然と時事ネタに触れることができます。 

縦えば11月にあった米国の大統領選挙。

選挙前から何度か記事にされており、選挙結果についてももちろん、

トランプ氏についての紹介もありました。

我が子は新聞を読みながら、

 「トランプさんって190センチもあるんだって~ 不動産王のお金持ちで、子供が5人もいるんだって~

 っとそんなことを新聞を読みなら話してくれました。 

そんなこと??でいいの!?って感じもありますが、まだ7歳の子です。 

まずは、知ること、そこから興味を持つことが大切で、社会に関心をもつきっかけとしてこども新聞は良いと思います。

週1配達がちょうど良いよ

我が家は、毎週木曜日に配達されます。子供しんぶんの良いところは、毎日ではなく、

週1回の配達なので、1週間かけて読めば良いところ。 

読めなくても、ストックしておいて気が向いた時に手に取れれば良い。

読める時に、手にすれば良い。そんな軽い感じで購読しています。

子供がちょうど手にもって読めるサイズになっています。

漢字には基本ルビがふってはあるのですが、時に地名などルビがない漢字が低学年では読めないのも

何て読むの?と聞かれることはあります。 

こども新聞は、読む習慣という点で、読解力も高まると思いますし、

加えて時事ネタにも触れらるので、おススメです。

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。

 

更新の励みになります。よろしくければクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする