我が家の英語教育 多読へ導くためにORTやってます ワーキングマザーの取り組み

我が家の英語教育 多読へ導くためにORTやってます ワーキングマザーの取り組み

Sponsered Link
Sponsered Link

2020年に小学3年生から英語の授業が始まるということもあって、 

小学生の英語教育に関心が高まっています。 

我が子は小学生になってから英語教育を本格的に始めました。 

語学は毎日コツコツ触れることが大切という気持ちもあり、公文英語をやっています。 

このほかにORTを使って英語を楽しんでいます。

Sponsered Link

英語学習で最も効果がある勉強法!?多読への導入

英語の学習方法の一つに『多読』というものがあります。 

多読とは、文章をそのままで理解する読書法です。

分からない単語をいちいち辞書で調べたりとかそういうことはせず、

英語を英語としてそのまま読んでいくのです。 

最初は本当に簡単な絵本から、徐々に徐々にステップアップしていき、

大量の英語を読んでいくのです。英語の読書みたいなものです。

英語の学習でもっとも効果が高いと言われている学習法でもあります。

さて、そんな我が子を多読へ導くためにORTを使っています。 

ORTってOxford Reading Treeっていうイギリスの本です。 

ORTってイギリスの小学校なんかでも使われている本です。 

こんな感じで最初は、本当に簡単なものから始まります。

CDなんかもあるみたいですが、我が家は音声タッチペンを使っています。

少しずつ少しずつレベルが上がっていきます。

 

絵から何が書いてあるのか理解しやすいですし、必ず話にオチがあるので面白いです。 

忙しくて毎日は読めないのですが、できるだけ親子で読むようにしています。 

まだまだ、自力で読むには我が子の力は足りないのですがチリも積もれば山となる。 

将来的な多読へ導くために親子で楽しみながら進めています。 

ORTおススメですよ~!

【あす楽】英語教材 ORTスターターパック 幼児 子供 英語教材「オックスフォード リーディングツリー」

英語関連記事

子供の英語学習にお勧めはやっぱり公文でしょう!!

 本日も最後までお読み頂きありがとうございます。

更新の励みになります。クリックお願いいたします。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする