女の40代は大きな変化の始まり!?更年期は何歳から? アラフォーワーキングマザーの心配ごと

女の40代は大きな変化の始まり!?更年期は何歳から? アラフォーワーキングマザーの心配ごと

Sponsered Link
Sponsered Link
%e3%82%b3%e3%82%b9%e3%83%a2%e3%82%b9

気が付けばアラフォー。アラフォーと言ってもその幅は広く35歳から44歳まで

約10年あります。

30代後半のアラフォーにはまだちょっとピンとこない話かもしれませんが、

名実ともに40代入りしている世代には気になり始める更年期の足音。

40代って女性にとっては大きな変化が始まる入口な気がします・・・。

40代の壁は精神的にも肉体的にも30代よりくるよね・・・

20代後半から30代の壁は、自分の気持ち的にも肉体的にも大きな変化を感じることは

少ないと思います。自分自身もそうでした。30代に入ったとはいえ、

まだまだ、何の根拠もないけど、大丈夫!(何が?笑)って思っていました。

でも、30代から40代の壁って、現実を突きつけられることが多いと思います。

肉体的に変化が如実です。白髪が増える、シミが急に目立つ、シワが目立つなど肌が衰える、

お腹まわりにお肉がつく、体重が落ちにくいetc・・・

肉体的な変化を目にするから、精神的にも「ああ・・」と自覚することが多くなります。そん

な40代おなごに忍び寄るのが更年期障害・・・。

いったいどうなっちゃうのかしらと気になります。

Sponsered Link

そもそも更年期ってどんなん?

更年期障害って、なんかイライラしたり、汗をやたらとかいたり、だるかったりするって聞きますが。

どうやら、ホルモンバランスの崩れで体調を崩すようですね。

「更年期」とは閉経を挟んだ前後約10年間のことを指します。初潮の年齢が人それぞれに異なるように、 閉経の年齢にも個人差がありますが、日本人女性は50歳前後と言われています。 このため、一般的には45~55歳が「更年期」と言われる期間になります。

更年期における様々な不快な症状は、女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」と密接な関係があります。エストロゲンは8・9歳頃から卵巣で分泌され、その分泌量は30代半ばにピークを迎えます。これ以降、卵巣機能が低下するに従って、エストロゲン量は徐々に減っていき、40代半ばからは急激に減少します。
この突然の変化に体がついていけず起こるのが「更年期障害」と呼ばれる不調です。

by命の母(引用ページ

アラフォー世代は、更年期入りしている現実

そうか~。人それぞれ若干のズレはあるものの、概ね45歳からそのゾーンに入るのか。

前後10年だから、まぁ、50歳近いとこらへんかしら?

なんて、ちょっとでも遅くなるようなイメージで思っていたけれど、そうでもないケースもあ

るみたいです。 人によって違うんですよ。

会社の先輩で43歳のアラフォー女子。

生理が月2回ペースになって心配だったから、婦人科へ行ったそうです。

そしたら、「ああ、更年期ですから心配ありませんよ」と言われたそうです・・・。

「心配はないかもしれないが、ショックでした」と言っていました。

そうか・・・。本当にもう更年期の足音が近づいているんだな・・・と感じました。

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。

更新の励みになります。よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする