歯ぎしりをしていたらやるべき対策はコレだけです。歯ぎしりする人、必見です。

歯ぎしりをしていたらやるべき対策はコレだけです。歯ぎしりする人、必見です。

Sponsered Link
Sponsered Link

夜寝ている時にやる歯ぎしり。ギリギリギリギリ~ギリギリギリ~。ギリギリ~。

これは何の音だ?っていうくらいすごい音がしますよね。

我が家は夫が歯切りしをします。歯ぎしりは、やっている人は自覚がないことが多いです。

私も歯ぎしりをするようなのですが、自覚がない一人です。

私は自分では自覚はないのですが、夫曰く、激しく歯ぎしりをしているそうです。

すごい音がするらしいです。歯が折れるんじゃないか?と心配されています。

Sponsered Link

起きている時にはできないのが歯ぎしり。寝ている時、相当な力を込めてやっている

私は寝ているので自分の歯ぎしりの自覚はなく、自分の歯ぎしりの音も聞いたことはありません。

でも、「歯ぎしりをしている」と言われてみれば、そうかもな・・・・!?

と思える節はあります。

歯ぎしりをしたと思われる朝は、首肩がこりまくっているのです。

歯ぎしりって起きている時にやってみてもできなくないですか?

ギリギリ音がでるほどの力が入らない・・・・

音が出るほどの歯ぎしりって、想像以上の力でやっているのです。

歯ぎしりをやりすぎると、歯がダメになる。

私は、歯が痛くて歯医者に行ったら、虫歯ではなく、歯ぎしりしすぎが原因でした・・・。

歯ぎしりをやっている人が長い間放置をすると、歯がダメになります。

鏡で歯をよーく見ると、歯の先っぽってノコギリのように小さくギザギザしています。

歯ぎしりを続けていると、まずそれがまっ平らになります。

詰め物があれば、詰め物の周りの歯は削れてくるけれど、

詰め物の金属は硬くて削れないので詰め物が歯より浮いちゃう形になります。

しまいにには、歯がゆがみ、ぐらつくようになり、歯がダメになるそうです。

ぐらつく歯と歯茎の間が歯周病になったりするそうです。

歯ぎしり、放置していると実は大変なことになるのです。

Sponsered Link

歯ぎしりの原因はストレス?かみ合わせ?体のゆがみ?諸説言われているけれど・・・

歯ぎしりの原因って、何なんだ?

ストレスか?かみ合わせか?体のゆがみか?諸説言われているけど。

私のかかりつけの歯医者曰く、「原因が不明」らしいです。

どれも正しいし、どれもそれだけではない。長らくいろいろ研究したけど、分からないようです。

かかりつけ医は、「僕は遺伝じゃないかと思っている」と言ってました。

我が家は夫婦同じ歯医者に通っているのですが、「お宅のお子さん歯ぎしりするでしょ?

両親ともにするから」と言われました。

確かに、子供二人とも歯ぎしりしています。

でも、やっぱり歯ぎしりの原因が遺伝であるという確たる証拠はないとのことです。

原因が分からないから止められない!歯ぎしりをする人ができることはただ一つ

歯ぎしりの原因は諸説言われていますが、分かりません。

個人的には確かにストレスはあるかもな?とは感じています。ストレスが強いと、歯ぎしりの度合が強くなるというのか。

でも、自分ではストレスがないと思っている時でも、私は歯ぎしりをしています。

歯ぎしりは、原因が分からないから止められないのです

寝ているから意識もできないし。

だから、歯ぎしりをしている人ができる唯一のことは、

歯ぎしりを止めることではなく、歯ぎしりから歯を守ること。

マウスピースを付けて寝ることだけだそうです。

歯ぎしりを放置して、歯にとって良いことは何もないとのことです。

マウスピースは保険適用で歯医者さんで作ってくれますよ。

大切な歯を守るために、歯ぎしりをする人はマウスピースして寝ることをおすすめします。

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。

更新の励みになります。よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする