学生時代の女友達に本音言えますか? ワーキングマザーの友達関係

学生時代の女友達に本音言えますか? ワーキングマザーの友達関係

Sponsered Link
Sponsered Link

友達にはいろいろな種類があると思います。 

ワーキングマザーの私の今なら大きく分けて2種類。 

その1.自分が学生時代からとか、昔からのお友達。 

その2.ママになって子供を通じてできたお友達。 

以前、ワーママのママ友関係の記事を書いたことがあるのですが、 

今回は、自分が学生時代から、昔から知るお友達についての関係について

書いてみたいと思います。

Sponsered Link

学生時代からの友達と本音で会話ができますか?

 

学生時代からの友達の中でもまた分類ができると思います。 

大きく分けて3つ。 

独身の人・結婚している人・ママになっている人。 

自分と環境が違う人との会話では、中々、難しいものがあるなと感じています。 

お互い共感ができない、相手の状況、気持ちが分かりにくいということもあり 

気を使う部分あると思います。 

では、同じようにママになっている友達。 

この人たちに本音が言えるのか?と問うとこれまた微妙だなと感じます。 

同じような悩みや問題、喜びもあり、共感はできる部分はあるのですが、 

まったく同じ「環境」ではないので、これまた多少の気遣いが必要になります。 

特に、『お金』が絡む話は、微妙に難しかったりします。 

環境が違えば、理解ができないし。

ちょっとした発言が、妬みや嫉みにつながる可能性だってあるわけで。 

「共通」と思われる部分では本音を出しやすいが「環境」が違うと難しですね。 

そういう意味では、あまり多くのことを気にせず、 

本音が話せる人って「夫」なのかもな~と思う今日この頃です。

関連記事

ワーキングマザーの『ママ友関係』はこんな感じです。  

ママ友関係が一番濃密なのは幼稚園時代だと思う。小学生ママが思うママ友時間

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする