ママ友関係が一番濃密なのは幼稚園時代だと思う。小学生ママが思うママ友時間について

ママ友関係が一番濃密なのは幼稚園時代だと思う。小学生ママが思うママ友時間について

Sponsered Link
Sponsered Link
%e5%85%ac%e5%9c%92

ママ友。ママになって子供を通じてお友達になった人のことをこう呼ぶ。

子供を通じた出会い。一緒にお出かけしたり、遊んだり、楽しいこともいっぱいありますが、一方でママ友トラブル、何かと耳にしますよね~。

円滑なママ友ライフを送っていますか?何かお悩みごとはありませんか? 

私は、ママになって7年が過ぎようとしています。

子供が保育園・幼稚園・小学校と通い、その中でそれぞれのママ友とお付き合いをしてきました。

まだ道半ばのママではありますが現時点で思うママ友関係について思うところをご紹介します。 

Sponsered Link

ママ友関係が最も濃密なのは幼稚園時代

保育園・幼稚園・小学校と子供を通わせてみて分かったことですが、ママ友関係が最も濃密なのは幼稚園だと思います。

私はワーキングマザーですが、通っていた保育園が3歳までの保育園だったため子供を幼稚園に通わせました。

上の子が幼稚園時代に第2子出産をしており、育児休暇を取得したので一時期、専業主婦状態で幼稚園時代を過ごしました。 

と言っても、復帰前提だったので、そこまでどっぷりではありませが、その世界をか垣間見ました。

幼稚園は基本、送迎があります。幼稚園まで連れて行き、帰りも迎えに行きます。帰りは例えば14時にお迎え。みんな一斉にお迎えに行くわけです。 

これが、幼稚園時代にママ友関係が濃密になる一番の理由だと思いました。

14時にお迎えに行った後、子供たちを園庭や近くの公園で遊ばせることになるわけです。

幼稚園生だから、子供だけ置いてママだけ帰るわけにもいかず。

子供を遊ばせている間、ママたちは子供を見ながらおしゃべりに花を咲かせるわけです。

遊びたい盛りの子供。

基本、これは毎日繰り返されるので、おのずとママ友の接触時間は長くなり、それだけ関係も濃密になるようでした。

Sponsered Link

接触時間=距離感ではない。適度な距離感を忘れずに

幼稚園時代、送迎があるために毎日、当たり前のように会うママ友。

保育園・幼稚園・小学校の中で、ママ友同士の接触時間が最も長いです。

接触時間が長くなれば、余計な内容についても聞いたり、話したりする機会が増えてしまいます。

だいたいその余計な話が、妬みやマウンティング、トラブルの原因になったりするのかなと思います。

接触時間=距離感ではないので、それぞれを切り離して考え、適度な距離感を保つことが大切だと思いました。 

ちなみに、保育園児も基本、送迎はありますが、保育園は基本的にママは全員ワーキングマザーです。

お迎えに行く時間は人それぞれ。しかもほとんどが夕方。

子供をお迎え後に遊ばせることは物理的に難しく、共有する時間も限られているので余計な話をする機会はありませんでした。

小学生になるとママ友時間が薄まるよ

小学生になると、状況が変わりますよ。

基本的に子供は自分で学校に行き、帰ってきます。

だから、お迎えでママ友と遭遇することもなくなるので接触時間が減ります。

私は既に復職しているので、そもそもママ友と過ごす時間もないのですが。

そして、子供が小学生になると、子供の手が少し離れたこともあり、パートなど仕事に出るママ友が増えたと思います。

皆、それぞれの時間に忙しくて毎日ママ友と会うなんてそんなことは物理的になくなります。

今気が付きましたが、考えてみれば、ママ友ドラマの設定もたいてい幼稚園ですよね。

幼稚園時代。やっぱり接触時間の長さが濃密な関係を生み出してるのだと思いました。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする