子供の英語学習にお勧めはやっぱり公文でしょう!!

子供の英語学習にお勧めはやっぱり公文でしょう!!

Sponsered Link
Sponsered Link
english
 
グローバル化が進む昨今。

子供たちが大人になり社会に出るころは英語が使えることが大前提の時代になっていると思います。

外国にでなくたって国内にいたってもグローバル化は進むと思います。

日本企業の公用語が英語なる時代もそう遠くはないかも・・・

子供の英語教育はまったなし!

教育現場でも、小学校でも英語の導入が始まっていますよね。

小学5年生から英語必修になり、小学校での英語教育が始まっています。この流れは低学年化し、2020年度には小学3年生から必修になる流れのようです。

そんなこんなで、我が家も、小学生になった時から英語を習い事に加えました。
最初は、隣の駅にある20年くらいの実績がある個人でやっている英語教室に通わしました。
ネイティブの先生半分、日本人の先生半分 週1回50分のレッスン
テキストブックとCDを渡され、お家で掛けて復習してね!
でも・・・・・

Sponsered Link

英語の習い事にもあった。ワーキングマザーの壁

働く母さんにそんなフォローする時間はないんです。

CDをセットして、リピート設定して・・・

そんなの毎日できないよ・・・

4か月ほど通わせましたが、こりゃダメだ。金の無駄遣いだわと思い、

他に何かいいものはないか?と探したところ、

公文の英語に行きつきました。

公文英語のいいところ!

公文の英語、働く母さんにはピッタリ!です。

・カリキュラムがしっかりしていて、親が内容を考えなくて良い

・CD要らず、タッチペンがとっても優秀、ただなぞるだけ!

・毎日宿題があって、しかも、自分でできる

・100点シールとかポイントをゲットして、ちょっとした景品など
 子供心をクスグル仕掛けがある

公文の英語で、英語教育の全てをクリアできるわけではありませんが、

週1回の英会話教室に行くよりは、一定の効果があると確信しています。

何より、母さんが管理しなくても
自分で勝手に、ドンドンやってくれる!

これが働く母さんには何よりも大きい。
公文式、素晴らしいと思います。
子供の英語学習にお薦めです!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする