小学校入学前に『民間学童探しに奔走』したワーキングマザーが、結局、 区の学童に子供を行かせた理由

小学校入学前に『民間学童探しに奔走』したワーキングマザーが、結局、 区の学童に子供を行かせた理由

Sponsered Link
Sponsered Link

 子供が小学生にあがる前の今頃。私は、学童探しに奔走していました。 

区の学童は小学1年生であれば必ず入れる状態でしたが、今はいろいろな特色を出している

民間の学童もいっぱいあり。 

普通であれば家に帰って過ごせるのに、母が働いているが為に、子供が放課後を過ごす場所なので、 

少しでも良い環境を与えてあげたいという親心も伝い、いろいろな選択肢を検討していました。 

が、結局、娘は区立の学童に通っています

Sponsered Link

民間学童を検討したけれど、結局、区の学童にした理由は3つ。

 英語の学童やお稽古に連れて行ってくれる民間学童。お勉強をみてくれる民間学童。 

いろいろ検討しましたが、結局辞めました。辞めた理由は大きく3つ。 

その1.徒歩で行ける距離に行きたいと思える民間学童がなかった。 

送迎プランがついている民間学童もありましたが、多くは、ある地点である時間にピックする形式で

万が一、そこに行く時間が送れたらどうすればいいのかしら? 

など、そういう問題もあり。 

また、わざわざ電車に乗っていくのもな・・・。お迎えにしたって、一人で帰ってくるにしても、大変だよね・・・

 

その2.お値段がお高かった。 

高いと月6万円とか7万円とかそういうお値段でした。安くても月3~4万円くらいでしょうか。

 

Sponsered Link

その3.コスパがいまいちだと思う。 

お値段お高い割に滞在時間が短い気がしました。 

そんなこんなで、小学生入学前に奔走した民間学童探しは我が家は意味なく終了致しました。

今となっては、区の学童で十分だったよな~と思います。

娘は楽しく学童に通っていますしね。

もうすぐ春ですね~。小学生になったら系の記事はこちらです

(⇒子供が小学生になるとワーキングマザーは忙しさ倍増。保育園児とはここが違う!働く母   さんの日々。  

 ⇒小学生の子を持つワーママの帰宅後のタイムスケジュールはこんな感じになります

 ⇒ワーキングマザーが『小学生低学年の勉強』で悩んだら『公文』が良いという結論に達した件

豊かな感性を育む「早稲田こどもフィールドサイエンス教室」

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。

更新の励みになります。クリックお願いいたします。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする