ワーキングマザーの子供が楽しくピアノを習うために、先生に来てもらおう!

ワーキングマザーの子供が楽しくピアノを習うために、先生に来てもらおう!

Sponsered Link
Sponsered Link
ppw_retoronapiano_tp_v

我が家の小学生の習い事はこんな感じ

小学生の娘がいます。

娘が小学生になった時から習い事を新しく始めました。

我が家は共働きでしたが、幼稚園に通わせていました。
というのも、通っていた保育園が3歳までしかなく、
近所の幼稚園が前後保育もある幼稚園だったので、幼稚園に通わせました。
 
幼稚園時代は、その幼稚園の中でやってくれる
体操教室と絵画をやっていましたが、
小学生になり、それらの習い事をやめて、
水泳、公文、ピアノを新たに始めました。
 

ワーママ小学1年生の壁は習い事にもある

小学1年生の壁。
働く母さんなら何度も耳にし経験している壁だと思いますが、
習い事にも壁がありますよね。
ワーキングマザーの習い事の壁。
 
それは低学年のうちは送迎の問題が・・・。
 
働く母にとっての習い事のハードルは意外と高い。
水泳と公文は、外でやらざるを得ないので送迎は必須。
それにピアノが加わると・・・
送迎が3つだとちょっと負担が大きすぎる
 

Sponsered Link

働く母さんの負担軽減のために取った策

だから、我が家は
ピアノは、家庭教師方式にしました。
 
先生がお家に来てくれるのです。
我が家はオンピーノを使っています。
 
最初はどうなのかしら・・・と少し不安でしたが、
結局、個人でも教えていらっしゃる先生が来てくださり
特に不都合はありません。
発表会もありますし。
 

家庭教師スタイルのピアノの良いところ

何より送迎がないので親の負担がない。
加えて、子供のレッスンの様子を見れるので非常に良い。
しかも、家事をしながら見れる。
 
一石二鳥です。
レッスン代も、個人の先生に習うのとさして変わらない?
むしろ安いんじゃないかしら?
 

Sponsered Link

 

子供にピアノを好きになってもらうために考えたこと

それから子供がピアノを習うに伴って私が考えたこと。
それは楽しくピアノを弾いてほしい。
私も子供のころに習っていたのですが、
途中嫌になってみたりと紆余曲折がありました。
どうすれば楽しく弾けるか考えた時、
バリバリのクラッシックではなく、
耳にしたことがある動揺やディズニーなど
楽しくなるような曲がいいなって思いました。
だから、先生にバリバリなクラッシクではないテキストを
お願いし、現在はこちらを使っています。
 
dsc_4433
 
ピアノはこつこつ練習しなければいけないから大変ですが、
わが子は、今のところ楽しく続けています。
 
母の負担も小さいのでとても助かっています。
働く母さんの子供の習い事として、
先生に家に来ていただくのは、かなりおススメですよ。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする