会社の上司が早期退職。彼女はいくらの資産をもって会社を辞めたのか考えてみた

会社の上司が早期退職。彼女はいくらの資産をもって会社を辞めたのか考えてみた

Sponsered Link
Sponsered Link

会社の上司が早期退職制度を利用して退職しました。 

まだまだ定年までは5年以上、シニア雇用まで考えれば10年以上はあったと思われます。 

転職などではなく、もう完全リタイアメントのようです。 

いわゆるハッピーリタイアでしょうか? 

お一人身の彼女。この先は、毎日犬の散歩をして、洗濯をして、食事を作り、気ままに暮らすと言っていました。

そんな彼女が、いったいいくらの資産をもってサラリーマン(サラリーウーマン)を辞めたのか気になったので、

勝手に計算してみました。

Sponsered Link

計算したら取りあえず、1億500万円は必要だなってことが分かった。 

まず、この先、何年の人生が続く可能性があるか考えてみました。 

正確な年齢は知りませんが、仮に52歳としましょうか。 

女性の平均寿命約87歳くらいでしょうかね。そうすると約35年の人生が続く可能性があります。 

長いですね・・・。35年。 

持家でいらっしゃるので、家賃はかからないと思われます。 

年間で支払う生活費300万円くらいあればゆとりある暮らしができるでしょうかね? 

月25万円の生活費の計算です。家賃やローンがない状態での月25万円。十分すぎますかね。

 

300万円×35年=1億500万円 

 

(女ひとり。年250万円でも十分かしらね?そうすると月約21万円になります。 

 年250万円であれば、250万円×35年=8750万円 かなり違いますね・・・)

 65歳からは年金も支給されるでしょうから、もう少し少ない金額でも大丈夫かもしれませんが。 

でも、女一人が働かずに生きるわけで、病気やさらなる長寿など不確定要素はたくさんありますので、

やはり1億円は必要だなと思いました。

じゃぁ、彼女は1億円を貯めて辞めたのかどうか考えてみた。

新卒から約30年近く勤務したと思われます。 

結論から言うと、彼女、キャッシュで1億円以上貯めて辞めていると思います。 

考えてみると、30年って時間長いですよね。 

平均で年300万円貯金すれば30年で9000万円になりますね。

彼女の場合、サラリーウーマン人生の後半10年ほどは、それなりの役職に就いておられたので 

お給料はそれなりの額があったと想定されます。 

お一人身の彼女。

ハッピーリタイアするくらいなので、ある時期からは

自分の将来について真剣に意識されたと思いますし、相当貯めていたと思われます。

派手に暮らしいてる感じはなかったので、

頑張れば年500万円近く、いや下手すりゃもっと?貯金できたんじゃないかな?と想像しています。

何せ子供の教育費ないですしね。 彼女の場合ローンもなかったと思われますし。

そう考えれば、サラリーウーマン時代に平均して年300万円の貯金は不可能な数字ではないかなと感じます。 

仮に多少かけたとしても、

それにプラスして退職金(しかも割り増し退職金!)がありますので1億円は軽く超える計算になります。

Sponsered Link

単純に貯金してこの値段。多少でも運用して成功していれば、増える可能性もありますよね。

 ちなみに、持ち家はご両親が晩年に購入したものじゃないかな?と想像しています。

(若干は負担したかもしれませんが、満額ではないでしょう。)

 そう考えると、不動産を含めた彼女の現時点の総資産は少なく見積もって2億円くらい、

ご両親からの相続なんかもあれば下手すりゃ3億円くらいかもな~?

っと勝手に想像してみました。

しかし、人生でサラリーウーマンの時間約30年。退職後生きている時間約35年の可能性・・・。

老後って本当に長い可能性があるんだな・・・。

なんか複雑ですね・・・・。

 でも、

やっぱりそれくらいないとハッピーリタイアメント辞められないよね・・・と勝手に計算して思いました。

いやはや大変ですね・・・。

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。

更新の励みになります。よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする