ワーキングマザーの『お金を貯めやすい時期』はいつなのか?働く母さんが考えてみた

ワーキングマザーの『お金を貯めやすい時期』はいつなのか?働く母さんが考えてみた

Sponsered Link
Sponsered Link

働くっていうことは、収入を得るけれど、一方働くことによりコストも発生すると思うんです。 

お母さんで働く、いわゆる、ワーキングマザーであれば、普通のお父さんが働くよりもコストがかかるかもしれません。 

先日、ワーキングマザーとして働く私のコストについて記事にしました。 

前回記事ワーキングマザーの『働くコスト』How much ?  ワーママ歴7年の私の場合

書いてみて、改めて、自分の働くコストについて考えてみたいのですが、 

子どもの保育園料って負担が大きいですよね・・・。

Sponsered Link

子供に保育が必要な期間は結構なコストがかかる現実・・・。

我が子の保育園料は月額6万円です。認可園ではありません。 

認可園であっても、おそらく上限の保育料になっていたと思うので、

子供が赤ちゃんの頃は6万円超えていたと思います。 

認可園の場合は、年齢が上がると保育料が下がっていく傾向にあるかもしれませんが・・・

認可園ではないので、ずっと一定です。 

月額6万円の保育料を払うのって大きいですよ・・・。 

月6万円×12ヶ月=72万円/ 

1年で72万円、保育料で払っていることになります。 

我が子は春から幼稚園に通う予定ですが、それでも、月額4万円ほどはかかりそうです。 

小学生まではなんだかんだ年間50万円ほどは保育料でかかります。 

結構、負担大きいですよね・・・。 

Sponsered Link

ワーキングマザーがお金を貯めやすいのはいつなのか!?

子供が小学生になったら、学童代だけになりますので、保育料がかくーんと減ります! 

先日、書いたように区の学童を選択すれば、月額6000円以下です。 

先日の学童記事

小学校入学前に『民間学童探しに奔走』したワーキングマザーが、結局、 区の学童に子供を行かせた理由

民間学童ではなく『区の学童を選んだ』ワーキングマザーが『区の学童の良い点、悪い点』を紹介します

 これまで保育料にかかっていた月6万円が6000円になります。 

月約5万円、年間60万円は助かるわけです。 

ただ、小学生になると習い事を始めることが多いです。だから、満額を貯金できるわけではありませんけどね。。 

子供には、いろいろやらせてあげたいけれど、そういう意味で、習い事の見極めは大事ですよね。。

中学受験をするとなれば、高学年になると塾代もかかるでしょう。

そういうことを考えると、

やっぱり、ワーキングマザーのお金の貯め時は、子供が小学生低学年の時なのかな?

と感じる今日この頃です。 

ただ、年が離れた兄弟だと、上の子が低学年の時に下の子が保育園児ということもありますが・・・。

そう考えると、いつでもお金がかかるよね・・・っていう結論にもなります。 

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。

更新の励みになります。クリックお願いいたします。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする