アメリカ大統領選でトランプ氏が勝って思ったこと

アメリカ大統領選でトランプ氏が勝って思ったこと

Sponsered Link
Sponsered Link

世界が注目した米国の大統領選挙が終わりましたね。

共和党のドナルド・トランプ氏が勝利をおさめました。

ビックリしましたね。

開票結果が表示されていたCNNのサイトや、USATodayのサイトから

目が離せない一日でした。

市場も大混乱。

9日の東京市場は米大統領選の開票を受け大荒れ。

日経平均株価は一時1000円安をつけました。

為替市場でも急速に円高が進み一時101円台。

パニックですね。

どっかで見たね。このパターン。

日本人の常識や感覚が通じない世の中になったのかも

今回の選挙戦。最後まで分からないとは言われていたけれども、

日本人の多くは、

「そうは言っても、日本人の常識や感覚的に考えればクリントン氏が選ばれるだろう」

って思っていたと思う。

少なくとも私はそう思っていた。

でも、結果は違った。

どっかであったね。このパターン。

デジャブ感が満載。

6月のEU離脱(ブレグジット)と同じだよね。

あの時もどうなるか分からないと言われていたけど、日本人の多くは

「そうは言っても、日本人の常識・感覚的に考えれば残留だよね」って思っていたと思う。

でも結果は違った。

日本人の常識が通じなくなっているように感じた。

日本の報道ってどうだったのかな

でも、いずれの話も日本に大きな影響はあるけれども、

考えてみれば、日本人は当事者ではない。

すべて、日本人としての立場で、こっちの方がいい、あっちの方がいいと思っていたけど。

振り返ってみれば、日本の報道も、日本の立場からみての報道が多かったよなと思ったり。

現地の風を、そこにたまった鬱憤を肌で感じたことはないんだよね。

今回、米国民の半分以上が、トランプ氏を支持した背景には、

米国にはびこる移民の問題、雇用の不安などそこにたまった鬱憤があったんだろうなって思ったり。(いや、いろんな要因はあると思うけどね。クリントン氏に対する不信感とかさ。)

現状に対する不満。

日本だって民主党が政権を取った時代があったよね・・・。

大混乱だったマーケットの行方はどうるのかしら

トランプ氏、どんな大統領になるのか気になるところですが。

目下、気になるところとしては、大混乱だったマーケットの行方。

9日はパニック相場でしたね。

ブレグジットの時を振り返ってみても、数日は混乱でしょうか。

でも、マーケット。パニックですからしばらくすれば落着きを取り戻すと思うけど。

トランプ氏の発言に注目が集まりますね。

本日も最後までお読み頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする