2016年ふるさと納税まだやっていない人は急いで~!12月31日まで!やったことな人は、やった方がいいよ。新鮮なお刺身が届き大感動~。

2016年ふるさと納税まだやっていない人は急いで~!12月31日まで!やったことな人は、やった方がいいよ。新鮮なお刺身が届き大感動~。

Sponsered Link
Sponsered Link

 

気が付けば今年もあと2週間ちょっという今日この頃。毎日バタバタ過ごしています。 

ああ、年賀状どうしよう・・っと思いつつ日々過ごしているワーキングマザーです。 

さて、今年も残すところあとちょっとなわけです。 

大掃除や、年賀状準備より何よりも、2016年分のふるさと納税がまだの人は、急いで下さい~ 

私もまだ申込み枠に余力があるので、駆け込みで申し込んでいるところです~。

Sponsered Link

ふるさと納税、よく分からないし・・・っとやっていない人が意外と多いけどそれはもったいないよ!

 会社で「ふるさと納税やってます?」って話をすると、意外とやっていない人が居てビックリしています。

 「よく分からなくて・・・」とか、「めんどくさそうで・・・」とか 

何となく、よく分からないから手をつけていない人がイッパイいるんですよ。 

もし、そういう方がいらっしゃったら、それはもったいない!やるべきですよ~

ふるさと納税をすごくはしょって説明するとこんな感じです。

 実質2000円負担でお礼の品を楽しめちゃうお得な制度。笑 

そのお礼の品が、美味しいお肉だったり、果物だったり、お刺身だったり、旅行券だったり、イロイロあるわけです。

年収や扶養家族の人数によって実質負担2000円でお礼の品を楽しめる寄付額の上限か異なります。

例えば、イメージですが。 

年収500万円の会社員が

自分が欲しい商品をお礼の品としている自治体を5つ選び、

1万円ずつ寄付をした。

合計5万円寄付をしたけれども、翌年度4万8000円が住民税から控除され、

実質負担2000円でお礼の品を頂けたことになるという感じです。

ちゃんとした制度や仕組みの説明はネット上にいろいろありますので検索してください。笑

寄付額上限のシュミレーションツールも転がってますから。 

楽天市場のふるさと納税の説明が分かりやすいよ!

Sponsered Link

年間5自治体までの寄付は確定申告が不要!ふつうに買い物するのと同じだよ~!

 税金が絡むことだから、なんとなくめんどくさそう・・・って思っている人いると思います。 

ちょっと前までは確定申告が必要でしたが、2015年の税制改正で「ふるさと納税ワンストップ特例制度」

できまして、年間で5自治体までの寄附は確定申告が不要になりました。 

これを使えば、通常のネットショッピングとほぼ同じですよ。 

ネットで欲しい商品を購入(寄付)して、自治体に必要書類を郵送。

自治体から申告受付書が届き、住民税が控除されます。 

書類準備と郵送の手間があるけれど、そんな難しい話ではありません。 

ふるさと納税で、こんな美味しいお刺身が届きましたよ

 私は石川県七尾市に寄付しまして、こんな美味しいお刺身セットが届きましたよ!

 鮮度抜群~。スーパーでは見たことない、高級寿司屋にあるような、ひらまさやカワハギが入ってましたよ!

上記写真とは別に「かわはぎのきも」もありました。美味しかったです。

どれもこれも美味しかったです!!!

1万円コースの寄付です。これ、東京じゃ1万円で買えないですよね。 

このコースは2016年分はもう売り切れてしまったようです。

来年いかがですか?

ふるさと納税は、やらなきゃもったいない!ですよ~。

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする