軽井沢の『ホテルグランヴェール旧軽井沢』は子連れファミリーやカップルにおすすめ!駅近のお洒落な宿でしたよ!

軽井沢の『ホテルグランヴェール旧軽井沢』は子連れファミリーやカップルにおすすめ!駅近のお洒落な宿でしたよ!

Sponsered Link
Sponsered Link

軽井沢は、東京から車で2時間ちょっと、東北新幹線だと70分と大変行きやすいリゾート地です。

今回はスキーをしに子連れで新幹線で軽井沢へやってきました。

(前回記事はこちら⇒子連れで軽井沢プリンスホテルスキー場へ行ってきました。良い点、悪い点、注意点を紹介します!

東京駅を出発して、お弁当を食べてちょっとゆっくりしたらもう軽井沢へ到着です。

今回は車がないので立地重視で宿を選び駅から徒歩3分という素晴らしく便利な

『ホテルグランヴェール旧軽井沢』へ宿泊しました。

スキー場隣接のプリンスホテルという案もあったのですが、お正月のプリンスホテルは

とっても高くコスパが微妙だなと。

軽井沢は駅からスキー場がとても近く便利なので、ホテルは隣接でなくても良いかなと

判断し、立地や質から見てもコスパ最高の『ホテルグランヴェール旧軽井沢』にしました。

大成功な選択だったと思います。

Sponsered Link

駅徒歩3分の『ホテルグランヴェール旧軽井沢』は暖炉と本がいっぱいあるお洒落なホテルでした~

軽井沢駅の北口を出て、ガソリンスタンドがある一つ目の大きな十字路を左折し少し歩くと、ホテルグランヴェール旧軽井沢に到着です。駅から3分の近さです!

では、早速館内を紹介します~。

フロントはこんなウッディーな暖かみのある雰囲気です

フロントのすぐ横にはなんと本物の暖炉がありましたよ!とっても寒い軽井沢ですが、館内はとっても優しい暖かさに包まれていました~。

全16室のこじんまりとしたホテルです。我が家が宿泊した時は満室でしたが、それでも、ラウンジのソファーでゆったりとした静かな時間を過ごせました。

暖炉があるラウンジには、本がいっぱいおいてあり暖炉を囲んで読書が楽しめます~。子供用の本もあって良かったですよ~

こちらが白とダークブラウンを基調としたシックな客室「デラックスダブルルーム」です!

こちらのホテル客室は、白とダークブラウンを基調にしつらえられたとてもシックで落ち着くお部屋でした。

我が家が泊まった「デラックスダブルルーム」はこんな感じでした。南国のリゾートを彷彿させる落ち着いたお部屋でした。

16室ある客室は、大人数で泊まれるキッチン付きの客室や、小さい子に優しい小上がり

スペースのあるダブルルームや、ツインルームなどいろいろなパターンがあるようなので

ファミリーからカップルまで快適に過ごせるお宿だと思いますよ。

我が家が宿泊したお部屋のお風呂場はこんな感じでした。白を基調とした清潔感ある感じです。温泉でないのが残念なところ。

メイク落とし、洗顔、化粧水が備え付けてありました。バスタオル、ドライヤー、歯ブラシ

などの基本的なアメニティーもちゃんとありました。室内に最初から加湿器もありました。

サムイのようなパジャマもおいてありました。部屋はとても暖かいのでそれで十分でした。

紅茶のセットとちょっとしたお茶菓子がありました。コーヒーがなかったのが残念かな。

冷蔵庫の中にはクリスタルガイザーのお水が2本入っていましたよ。

私は目の前にあるコンビニで軽井沢の地ビールを買って楽しみました。コンビニも近いです。

Sponsered Link

朝食はラウンジで頂きます!軽井沢のヨーグルトジュースやコーヒーが付いてます

朝食は7時半~9時半までの間に頂きます。チェックインの際にあらかじめ時間を聞かれました。

朝食はサラダ、ロングソーセージ、卵料理などのワンプレートにパンの盛り合わせ、手作りのスープ、オレンジジュース、ヨーグルトジュースとコーヒーか紅茶が付きます。

少なすぎず、多すぎず、ちょうど良い量でした。

こちらのヨーグルトジュースは、軽井沢で大人気のチーズ専門店アトリエ・ド・フロマージュ

の飲むヨーグルトだそうです。信州、浅間山麓の搾りたて生乳100%使用。無添加で安心・

安全のヨーグルトだそうですよ。

軽井沢駅3分の『ホテルグランヴェール旧軽井沢』ファミリーやカップルにおすすめです。

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。

更新の励みになります。よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする