最も快適に『ワーママ』ライフを過ごせる環境はコレでしょう。これだったら、ワーキングマザー生活も楽勝だろうな~。

最も快適に『ワーママ』ライフを過ごせる環境はコレでしょう。これだったら、ワーキングマザー生活も楽勝だろうな~。

Sponsered Link
Sponsered Link

2児を抱えたワーママライフを爆走しています。 毎日忙しいですね。

気が付いたら1月が終わり、2月ですもの。

ワーキングマザー生活ギリギリのところで何とか生き延びている感じです。 

そんな中、夫の長期出張の回数が増えておりまして、不在がちでございます。 

亭主元気で留守がいい!」なんて言葉もありますが、 

さすがに子供2人抱えてのワーママライフだと長期の夫不在は厳しい・・・。 

週末を含め、まったく休めないのです。 

1人はまだ手がかかる幼児だったり、一方、上の子のお勉強もついてあげたりと 

ちょっとした人手が本当に助かる状況で、夫の不在は結構つらいです。

ということで、実家の母にヘルプに来てもらった次第です。

Sponsered Link

家に帰ったら夕飯ができていて、洗濯物も部屋の掃除も完璧で最高~

 実家の母に来てもらったことで、家に帰ったらご飯ができている状態です。 

洗濯物も畳んであり、部屋もキレイに片付いている。 

子供たちのお迎えも済んでおり、私はただ、仕事場からそのまま家に帰れば良い。 

すっ、素晴らしすぎる~ 

お迎え時間を気にしなくて良いから、スーパーに寄って日用品などをちょっと買い物ができ。 

お迎え時間を気にしなくてよいというのは、気持ち的にすごく楽だった。

家に帰れば、子供たちと楽しくご飯を食べるだけ~。

コレものすごい楽だ・・・。

Sponsered Link

ワーママ生活で最も良い条件は実家で暮らすことかもしれない・・・

夫は単身赴任、自分は子供と自分の実家に住んでいる同僚が居ます。 

子供の送り迎えは本人がやっているようですが、おそらく食事は実母が作ったものを

家族で食べている感じのようで。

子供はまだ幼児ですが、体調不良でお休みすることも少なく、出張もバンバン行く。

2世帯とかではなく、結婚前に居た自分の実家に転がり込んだ構図。

 たぶん、これが一番ワーママが快適に仕事ができる環境なんじゃないか・・・と彼女を見ていて思います。

 彼女にも彼女なりの悩みや問題もあるでしょうが、一般的なワーキングマザーが直面する

子供のお呼び出し問題や突然のお休みなどの問題は解決済みなことが多いような気がします。

夫婦や家族としての時間、環境は抜きにワーママライフという視点だけでフォーカスすると

実家に娘として自分の子(孫)を連れて転がりこむという構図が

最も快適に仕事ができるだろうな・・・・・。 

っと思います。

一方、両親はいつまでたっても子供の世話があるという大変な状況かもしれませんがね・・・。

ここまで完全バックアップ体制はないにしても、ワーママライフの快適さは

祖父母のヘルプの有無に左右される部分は大きいだろうなと感じる今日この頃です。

たまのヘルプでも、ものすごい救われますからね。 

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございます。

更新の励みになります。クリックお願いいたします。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする